So-net無料ブログ作成
Amazonのキンドルで英検の参考書を持ち歩いて勉強するのもいいですね。

2018年第1回実用英語検定1級 解説(語彙編) [英検]

2018年第1回実用英語検定1級 を振り返ってみました。



1番の語彙の問題ですが、基本的には 英検1級でる順パス単 (旺文社英検書) から出題されるので、パス単さえやっておけば大丈夫です。



 

昭和32年に、外郭団体として日本英語教育協会(現・日本英語検定協会通信教育部)が設立されている歴史からも、旺文社の参考書から出題されることは明らかです。




前回の英検もそうでしたが、パス単に全くない見たこともないような単語が混ぜられていますが、これは引っ掛けなのでパス単になかったものは基本的に捨てましょう。
パス単を徹底的にやるのが1番の語彙での勝利の鉄則です。




2018年度第1回実用英語検定の今後のスケジュールは下記の通りです。



6月18日 一次試験の合否結果・成績表の閲覧 15:00

ただし、英ナビ に登録しておくと12:00に見られます。

15時になるとアクセスが集中して見れなくなってしまうので、英ナビに登録してお昼休みに合否を見ましょう。


ただし、1次試験の自己採点をして7割以上とれていたら、合格を信じて2次対策をすぐに始めましょう。

英検1級受験の方は、準備にものすごく時間がかかるのですぐに始めることをお勧めします。




2週間で完成!英検1級2次試験


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る